昨日、大阪の南の方(堺市)まで足を伸ばして、文学フリマに行ってきました。
本当はサークル参加しようと思っていたけど、一冊しか本を出していないので取りやめ、今回様子見を兼ねて一般参加です。

300スペースという規模で、体育館ほどの大きさの会場でやっていたのですが
みっしりとブースが埋まっていて、賑わってました!
webカタログが無料だと聞いていたので、イベント当日までじっくりサークルを見れました。
さらに会場入り口では無料でフルカラーの会場案内図を配っているではないですか!
漫画イベントでは、ありえない光景でした。太っ腹過ぎる…。

入り口近くから順に回りました。
行列こそないものの、買う人が多くて、遠慮せずに見れます。
(五月のCOMITIAでは、小説系サークルは買う人がすごく少なく、売り手の方が多いような印象でしたが)
事前チェックしていたサークルに先客がいて、じっくり本を読めないこともしばしばでした。

HPをチェックしているサークルさんに声をかけてみたり、
サインをお願いしたりと、かなりフリーダムにまわりました。
天然石かアクリルを加工して、金属製の栞に付けてるものが売られてました。
綺麗だったので、買ってみたり…。フリマみたいで面白かったです。

お目当てのサークル「ショボ~ン書房」で、4冊続き物を買いました!
増版した際に、解説のような概略のようなおまけペーパーを付けてくれたのが嬉しかったです。
おまけ大好き!(笑)

あと、見本誌コーナーがあったのですが、黒山の人だかりで、そこに向かう頃には財布が軽くなっていたので、
今回は直接ブースを見ただけで終わりました。
軍資金6千円が、1時間ほどでなくなった!
くりえい社の「小説本同人誌ガイド」とかいうマニュアル&紙見本帳も入手出来ました!
(最後の一冊だった)

装丁が凝っている本が多かったです。
漫画絵でキャラを描いているものや、作品イメージが分かりやすいものが選びやすかった。
私は短編を中心に買いました。ほとんど知らないサークルさんだったので。

今日、その一部を読んでみたのですが、短編って一作ごとにむらがあって、難しいですね。
プロの作家でも作品によって印象が違うことがあるので、仕方ないのかな。
私は自分が出展するのかと問われたら、とても渡り合えないなぁ…と思いました。

全体的に文学というか、文字が好きな人の集まりなんだなぁと思いました。
そういう「好きなものをやっている」感じが伝わっただけでも、行ってよかったなぁ。

買った本の写真も載せます。無料本は省略。
楽しかったよ~文フリ!

買った本。他に無料本もあり。

コメント 2

-  2014, 09. 16 (Tue) 15:12

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集 | 返信 |  

kiyonya  2014, 09. 16 (Tue) 18:56

了解しました。

また、手紙と一緒に送ります~
メールも、また落ち着いたらお返ししますね。
ご連絡ありがとうございました!

編集 | 返信 |  

新着記事一覧