サイトで少しずつUPしている、BL漫画「ぼくの好きな先生」を34Pまでアップしました。
24Pくらいまで一気にペン入れして飽きてきたので、とりあえずトーンを貼って出来た分からアップしています。

今のところ、5Pずつくらいで週一回の更新に間に合っておりますが…。
今回はもうちょっとキリの良いところで上げたかった!残念。

夏に買ったIPadで、「メディバンペイントというアプリのペンツールでペン入れしていたのですが、クリップスタジオにファイルを転送したり、その後クリップスタジオで使えるようにファイルをいじるのが面倒でした。
ですが、先週「IPad用クリップスタジオ」が発表されたのです!!

おかげで、ペン入れから仕上げまで、クリップスタジオで一貫して作業できるようになりました。
便利ですが、ファイル転送(Ipad→パソコン)が時々エラー発生するので、その辺なんとかしてほしい所存…。

あ、「メディバンペイント」も、AndroidやIpadでペン入れ出来るし、そのデータをクラウド上に保存して、パソコンで仕上げられるので、なにも問題ないです。
ただ、クリスタに慣れていると、やはり使い慣れたソフトで最後まで仕上げたくなるんですよね。
そのワガママを叶えてくれるのが、Ipad用のクリスタかと思います。

漫画でいうと、ちょうど 31Pからペン先が変わっています。
31Pは、ペン先に慣れていなくて少しガサガサしたかんじです…。
続きを頑張って描いておりますので、最後まで(49Pで完結)読んで下さると嬉しいです。

ちみっとしたものでいいので、コメントなど頂けると励みになります。
(ブログの日付下の吹き出し部分をクリックすると、コメントを送れます。
「管理者にだけ表示を許可する 」をチェックすると、きよにゃ以外読めません)

よろしくお願いします!!

趣味のイベント(同人誌即売会)参加、次回は九州・温泉の街別府ですよ!

といっても私が行くわけではなく。
委託参加onlyで、商業流通していない本(zineといいます)ばかりを集めた即売会です。

11/3~5 zine展inBeppu(公式サイト)

大分県別府市元町3-3、旧ムラヤ青果店。
設営中の写真をtwitterで見ると、白い棚がまぶしくて、八百屋さんの二階だとは一見しては分からないほどです。
なにが言いたいかというと、オシャレだ! ということです。

お品書きはこちらです。
zine展inBepp4お品書き

zine展inBepp4の公式サイト に、「イチオシのzine」というページがあり、
当サークルは「お義兄さまに愛されて~僕だけの甘い秘めごと~」を推薦しました。

こちらは、同人誌を出したあとにAmazonkindleで電子書籍として発表しまして、おかげさまでご好評頂いております。
「ファンタジーを書くなら、生半可な知識ではダメだ! 資料を読み、血肉にしろ!」
…というアドバイスをもとに、色んな資料を読んで制作した思い出があります。

理性で苦しむ義兄×動物好きな心優しい弟 の義兄弟ラブです。

あと、最新刊の「お兄さんとちいさな恋人」も。
こちらは、社会人と庇護されるショタ(小五)で、子猫を保護したり、お兄さんにパンケーキを作ってもらったりするお話です。
タイトルに「お兄さん」とありますが、血縁関係は一切ないです。

幼なじみものに挑戦した「ふたたび出会って好きになる」も、気に入っているお話です。
文庫サイズ・挿絵あり(2枚)。高校生の甘酸っぱい関係を書いてみたかったのです。
肌色なサンプルをpixivに上げているので、よかったら見てやってください~。※R18です※

【創作BL】ラブシーン抜粋【小説サンプル】 | きよにゃ [pixiv]

「人魚姫の末裔」は、性癖の集大成ですね…。
無理やりH・受けが人魚(男)・途中でショタになっちゃう・大人に戻っても雄っぱい出ちゃう・三角関係……。
「萌えの満漢全席」とお友達が評してくれました!(笑)
こちらは、有り余るパッションを抑えきれなかったので、サイトに一部漫画にしちゃってます。
よろしければどうぞ。(かなり好きな部分だけ抜粋してますが)
人魚


あと、最後は小説でもBLでもないのですが。
「USJと神話の国へ」という、コミックエッセイです。
「ハリーポッターエリアに行ったよ!」 という旅行記漫画と、「出雲大社・松江に行ったよ!」という漫画を強引に一冊にした30Pです。
2016年に発行した本なので、やや情報が古いところがありますのでご注意を。

zine展inbeppuはお買い物代行サービスがあります。
当日別府に行けないけど本が欲しい、という人向け。
 ←終了しました。

個人通販boothこちら。【住所氏名などを知られない安心宅配でお届けします】

当サークル「招福来猫」も、上記の本以外に、無料の両面カラーペーパーを用意しています。
「お兄さんとちいさな恋人」のお試し読みが付いていたり、本の紹介があったり、お品書きが付いていたりします。
10部以下なので、欲しい方は代行リストで「招福来猫ー無料配布ペーパー」をチェックしてください~。

Tag:#同人誌即売会 #同人誌 #zine #自費出版 #BL #コミックエッセイ

漫画作業中です


ぼくの好きな先生

お久しぶりです、きよにゃです。
BL漫画「ぼくの好きな先生」を地道に製作中です。
今は、13Pくらいまで公開しています。
トーンを貼るのが遅いので、なかなかwebに上げられませんが…。

この漫画は、4年ほど前に描いた話で、その間小説やらほかの漫画を描いていたのですが、ずっっっと「いつか仕上げたいなー」と思っていた話です。
「僕のシスター」の主人公レヴィが出てきますが、メインは「先生」=「医師」であるところの「私」です。
(最後まで、「先生」という呼び名だったので名前は出てこないのです)

この夏(7・8月)に下書きを済ませ、9月に20Pほど Ipadで ペン入れしました。
なぜ強調したかというと、このためにお高いipadを購入したからです。 ほんと高価な買い物でした…。

全49ページ。
現在、24ページまでペン入れ済みで、トーンを貼りながらwebに上げて行く予定です。
ただ、後半の25ページ目からはペン入れがまだなので、そこで一旦更新のスピードが落ちると思います。
ブログのコメント欄やTwitterなどで「見たよ!」と言ってもらえると励みになります。

10月1日、池袋で「J庭」こと「J.GARDEN」が開催されました。
(しつこい位サイトやこちらで宣伝していたイベントです。お騒がせしました。無事終わりました。)

J庭前日
前日に新幹線で東京入りし、埼玉に引っ越した友人と晩ご飯を食べる約束をしました。
新幹線が早い便だったので、ホテルにチェックインするまでに時間がある…。
ちょうど、J庭前に壬生キヨムさん が「池袋同人工房」でグッズを作るという話をtiwitterでされていたので、私も自分の痛グッズを作ろう!と池袋同人工房に向かいました。

宿泊するホテルに荷物を預けて向かうと、ホテルからとても近かったです。
J庭の開催されるサンシャインビルから約3分くらいの場所にあるビルの五階。中は割と明るく、いかにも作業します!という感じの作業台が8台くらい並んでいました。

名前を記入してUSBに入れたデータを渡すと、(土曜日の午後二時すぎでしたが、幸いなことに空いていました)
係のお姉さんがパソコンでチェックしてくれます。
パソコンの前で、どんなグッズが何個いるのかを伝えます。

私は、クリアファイル二種類、缶バッヂが二種類、それにミニタオル一種類×二枚を注文。
だけど、ほかのお客さんを見ていると皆大量に制作していたので、私みたいに「自分用に一個ずつ」みたいな客は少数だったかもなぁ…と思いました。

お姉さんに一個ずつ教えてもらいながら、ミニタオルと缶バッヂを制作!
ここは、自分で制作するので、その分お安いのかな? と推測。(クリアファイルは、全行程お姉さんが作ってくれました)
ミニタオルは、回転焼きみたいなプレス機で熱を加え、絵の付いたシートをタオルに転写するのです。
面白いけど、ヤケドが怖かったです。

出来たものはこちら!



それらを作っている間に、クリアファイルが仕上がって渡してくれます。
おお、かなりいい出来なのでは…!(英文は、適当に翻訳サイトで訳したものです)
書き忘れましたが、左の透明ファイルは、土日料金@350円でした。

クリアファイル二種

すっかり気をよくして、ホテルに戻ってからtwitterにいそいそと流したりしました。
ちなみに、作業時間は全部終わるとちょうど一時間経っていました。説明をして下さったスタッフさん、ありがとうございました。

夕方になって、友達と待ち合わせて、赤羽駅にある鰻屋さん「川栄」(かわえ)に行きました。
なんでも、鰻屋さんなのにホロホロ鳥の焼き鳥を置いていて、それがドラマ「孤独のグルメ」で映っていたらしいのです。
開店前から並んで待っていたら、鰻屋さんから「お一人様鰻おひとつご注文下さい」とのこと。
どうやら、カラオケ屋のワンドリンク制のように、ワン鰻制らしいのです…!
鰻なんて、高価でここ二年くらい食べてなかったけど、ホロホロ鳥のために注文。
満を持してホロホロ鳥を注文すると、「今日はやってないんです」との言葉で、この店は鰻を売りたいだけなんじゃないかと思いました……。


代わりに、ホロホロ鳥のスープというのを頼んでみました。
あっさり、洋風のコンソメ味で美味しかったです。さらに、上鰻丼も届きました。
美味しい…。
東京になにしに来たのか忘れそうでした。
友達と色々話しも出来たし、楽しかったです。

なんだか達成感に満たされましたが、ここ何ヶ月か準備していたのは、翌日のJ庭です。
なので、そちらも少しレポしてみます。


J庭当日
朝、ホテルを出る時に忘れ物チェックをしたのですが、チェックアウト後に気付きました。
冷蔵庫の中におにぎりを忘れていました!!
途中の道で気付いて、慌ててホテルに戻り、おにぎりを持ってサンシャインへ。
なにやら、カートを引いている人やそれらしい人が建物に入っていくので、付いていきます。
(丸二年J庭に行ってますが、いまだに外からサンシャインのビルに入るルートを迷ってしまう)

無事、新刊を見本誌受付の方に渡して、荷物をヤマトさんから受け取ろうとしたのですが……。
全然荷物がこない!
大きなカーゴに三つほど、J庭用の段ボール達がすし詰めになっており、おにいさん達が近いほうからバラして行きます。
が、私のは三つ目のカーゴに入ってました…。

しかも、段ボールが裂けてたんです。(本は無事でしたが)
帰りは、新しい段ボール箱をヤマトさんで買ったのですが、大きさも少し違うので不便だし、今度は「こわれもの」だと申告しようと思いましたよ……。
そんなハプニングも前回お隣だった「つきうさぎ」の壱城さんと、あーだこーだとお話して、すっかりだべってしまいました。

スペースを設営して、無事一般入場開始です。



私は三階のCホールにいたのですが、入場した人達が、一斉に壁サークルに向かって走っていったのが印象的でした…。
なにか、珍しい方でも来られていたのかな?
その、嵐のようなダッシュ組が去ると、行列が出来るサークルに島中で集まりだしました。
今回、商業作家さんの割合がいつにも増して多かったように思いました。いつも三割のところ、3.5割くらいプロだったのではないでしょうか。

うちのお客さんは、いつものパターンだと開始後30分後~12時半くらいまでが一番多く来て下さるのですが、今回は少し違いました。
30分おきくらいに、ポツ…ポツ…と来られたのです。
これは初めてのパターン。

あと、12時前くらいから、スペースを見てくれているような方が何人かおられたので、ペーパーを配ってみました。
ペーパーには新刊のお試し読みを付けてみたのですが、ペーパーを持った方が、午後になって新刊を買いに来てくれたそうです!
う、嬉しい……。
買って下さったかた、ありがとうございました。
中身も楽しんで頂けますように…!

あと、「ごはんアンソロジー」さんのチラシを預かっていたのですが、割と早い段階で手配り&買って下さったかたに渡してなくなりました。チラシおきばに置かせて頂いたペーパーを、回収に行きましたが、ほとんど捌けてしまっておりました。
イラストを描いて下さった サヨコさま のおかげです。絵の力は大きい…!

とはいえ、スペースでは、フルカラーのペーパーは皆敬遠した感がありました。
「ご自由にお取り下さい」とのPOPを付けてはいたのですが、ペーパー自体にその旨を書いてなかったのがダメだったのかなぁ、と。
モノクロペーパーに、でっかく「TakeFree」と書いたときのほうがよく捌けてました。
これは、次回への教訓ですね。

新刊「お兄さんとちいさな恋人」と、J庭では初売りの「アラブの富豪とコンビニバイトの俺3」が出ました。
アラブは、まとめ買いをされる方がチラホラ。ありがとうございます!
今回、今までの既刊をすべて搬入したのですが、そんな心配はしなくてもよかったなぁ…という結果になりました。

たまたま、壱城さんと今回もお隣だったので、店番をお願いすることができましたが、完全に一人参加だったら、チャンスロス(機会損失)をしていたのではないか、と思われます。
壱城さん、本当にありがとうございました。

売り上げ以外では、お友達が来て下さったときに、池袋同人工房で作ったグッズを見せびらかして、
かなり充実した時間を過ごせました…!

午後一時くらいから、私も買い物に出ました。
綿密にチェックした事前リストと、ふらっと立ち寄ったサークルさんと、8:2位の割合で買い物しました。

あと、念願のJ庭名物、移動販売の「クレープ」を食べることが出来ました!
生クリームいっぱいで、とても美味でした。
コックさんの手際も良くて、あっという間に行列がさばけるのです。
ああ、大阪文フリの「フロレスタ」さんに見習ってほしい…!!(10人待ちで30分かかった)


大体、午後二時くらいにはあちこちで撤収がはじまるのがJ庭の常なんですが、
今回私は、段ボールが潰れたので、買い直さなくてならず手間取りました。
ひとこと位もの申してもよかったのではないか? と今さら思います…。(すべてが遅い)

J庭できよにゃに構って下さった方、招福来猫の本を買って下さった方、本当にありがとうございました。
これからの「招福来猫」のイベント参加予定は、以下の通りです。

2017年11月3日~5日 「Zine展inBepp」 大分 《委託》
              (読み切りBL本と、USJの漫画本を委託予定です)

2018年1月14日(日)   「ComicCity大阪」   《直接参加》
    1月21日(日)   「文学フリマ京都」  《直接参加》
                 (創作BL本全持ち込み予定)

また、お会いする機会があれば幸いです。

きよにゃ
前日、文学フリマ大阪が開催され、きよにゃのサークル「招福来猫」も三回目の参加を果たしました。
今回は、前の日に短歌劇を見たのと、なかもず駅まで少しあるので、前日泊しましたよ!

9/17(日)短歌劇「ことわりさん」

二日続けて大阪に行くのがだるかったので、事前に宿を取ったら、一緒に劇を見に行く高梨來さんと同じ宿でした。昼前に待ち合わせて、高架下のご飯やさんでランチをし、忍(來さんのキャラ)が作った絵本を頂いたりしました。
忍の絵本
お昼を食べたあと、劇場まで行ったのですが、思いっきり方向を間違えていて、ふうふう言いながら軌道修正したりしました…。來さん、ごめん!

短歌劇は、舞台と客席がとても近い! 
十二畳ほどの広さで、周りに椅子が置いてあり、舞台を囲むようにして座るのです。
BLの劇だったのですが、受けの男性役を女性が演じており、馴染むまでに少し時間がかかりましたが…。場面転換の時に短歌を口ずさんだりして、それが印象に残りました。編集部の先輩が、声量も大きく、上手かったです。
來さんと二人でお花にメッセージを添えて、劇場入口に飾って頂きました! わいわい!
お花
その後、劇の背景画と短歌展を見に、少し移動。ギャラリーはこじんまりとしたおうちにあり、部屋の内側を真新しいペンキで塗られていました。短歌の一部「散華」を表したお花のオブジェや、隅に置かれたカフェコーナーに、キヨムさん手書きのメッセージ(短歌?)が入ったカップや、ぬいぐるみなどが配置されて、とても可愛かったです。



夕方、台風が近づいてくると聞いていたので、百貨店で雑貨の催しを見たあとにお弁当を買い、ホテルに戻りました。
デパ地下はいつも強気の値段なのに、台風の影響でお弁当が30%オフ!! お買い得でした。
ケーキや飲み物も買い込み、お風呂に入ったあとに延々創作文芸について話していたりして、すっかり旅行気分になってました。

9/18(月・祝)文学フリマ大阪

朝食バイキングをしっかり食べ、來さんとカートを転がしながら御堂筋線梅田駅を目指します。
梅田駅のホームで、キヨムさんと待ち合わせ、無事合流出来ました。
Twitterなどで、屋台のアナウンスがなかったため「今回は、食べ物の屋台がないんですよ~」とか言いつつ会場に向かうと、屋台の車が二台来てまして…。うんごめん、間違った情報流してた!

10時すぎに会場入りして、設営に望みます。
写真左のひな壇が、今回から導入した、しまや出版さんの「段々段ボール」(大)です。
ただ、このキットは大きすぎて、カートにすら入れられないのが難点ですね…。「ケースを外すとゆうパックの大に入れられる」との情報を宇野寧湖さんから頂いたので、来週末のJ庭で送ってみようと思います。宇野さん、ありがとうございます。

段々段ボールを組み立てるのに、少し手間取りましたが、なんとか設営完了。見本も見本置き場に設置すると、すぐに開場の時間になりました。
はじまって、しばくして新刊を手に取って下さった方がおられて、twitterか投稿サイトなどでチェックして下さったのかな~と思いました。
今回、新刊お試し読みのチラシを作っていたのですが、派手だったせいか、表紙がみなフルカラーで同じように見えたのか、ほとんど手に取ってもらえなかったのが残念でした。(なので、自ら「どうぞ」と配っておりました)

今見返しても、左のひな壇手前に置いてあるのがチラシだとわかりにくいなぁ…と反省。
J庭では、トレイなどに入れて区別がつきやすいようにしよう! と思います。

お昼を過ぎて、ちらほら外出したのですが、キヨムさん、通路、高梨來さん、きよにゃ(私)と並んでいて、トイレや買い物に出る時に常に二人いないとスペースが空になるのが困りました…。いざというときにキヨムさんが一人で見て下さって、助かりました。

今回嬉しかったのは、web小説でファンをしている 東院さん が来て下さったことです。
ファンアートを描いています「俺の名前を呼んでください」の作者さんです。
前日に、東院さんが優しく対応して下さったことを來さんに切々と話していたところで、驚くやら嬉しいやらでした。
現実にいらっしゃったんだ! と思わずスケブを頼んでしまいました。温かい言葉も掛けて下さり、ありがとうございました…!!

行列の最大手はフロレスタ(ドーナツ屋)さんでした!!
西日が差す中、スマホもなしで並んだのはアホでしたね…。軽い熱中症になり、目が回ってしまいました。
スペースに戻って、即食べてしまったため、写真もないです。でも、アイスが乗ったドーナツは美味でした!
早い時間ならそれほど混まないので、次回は早めに行こう…。

今回は新刊がよく動いて、事前宣伝の大切さがよく分かりました。
イベントが近づくにつれて、宣伝を頻繁に流したのですが、ある程度チェックしてくれている人はすでに知っているし、直前に流しすぎるのはあんまり意味がないのかな、とも思いました。
逆に、webカタログの「気になる!」ボタンの数は前日に急に増えて、文フリ大阪は直前にチェックされる方が多いんだな、と感じました。
あと、表紙画像をwebカタログに登録していない方が多いのですが、登録お願いします!
webカタログの文章が面白くても、さくっと流してしまうことが多いんです。実際、私も気になっているけれど、本を見つけられなかったサークルさんがありまして、残念だったので。
よろしくお願いします。

J庭43お品書き

次は、文芸系のイベントは11月3~5日の「Zine展inBepp」に委託参加予定。
直接参加は、来週末になりました10/1「J.GARDEN43」(池袋)に出ます。

スペース番号:「ね06a
サークル名 :「招福来猫」 です。

新刊のお試し読みも付いているフライヤーを、スペースに設置しますので、ご自由にお取り下さい。
前回お隣だったサークルさんと、またもやお隣という配置で、今回は少し外出できそうです。

注意事項:
文フリ大阪を経て、在庫状況が厳しめです。
「アラブの富豪とコンビニバイトの俺」は、3巻はなんとか足りそうなのですが、1,2巻は在庫がわずかです。
あと、「あたたかな掌」が残り一冊です。

確実に欲しい! という方は、twitterのDMかこちらのブログコメントにて連絡頂けると取り置きできます
ペンネームなどでOK、9/30(土)まで。コメントは、「管理人以外非公開にする」にチェックを入れるときよにゃ以外見れません)

J庭に来られる方、どうぞよろしくお願いします。