秋に作る本のキャラ紹介です。

在宅の仕事をしている社会人のお兄さん×小学五年生のBL。
お兄さんのキャラがなんだか薄いなぁ、と思っていたので、少し改変する予定です。
タイトルは「お兄さんとちいさな恋人」です!

さらに言うと、エブリスタの「天下分け目のBL合戦」(BLの賞)に出せたらいいなと思っていたのですが……。
「設定年齢は十代後半を推奨」って書いてあった気がします。あと、文字数も倍ほどなので無理ですね。

とりあえずは、良い作品になるように改稿の骨組みを組んでいきたいと思います。
この前書いていた、お兄さん×小学生のBLはなんとか脱稿できました。
だけど、なにか足りないので、しばらく寝かせたあとに追加・変更などしたいと思います。

5月から更新していなかったサイトですが、新しいものをUPしました!
ファンアートです。
自分の作品ではなく、ほかの方が書いた作品のイメージイラスト。はい、二次創作みたいなもんです。
俺の名前を呼んでください・ファンアートコチラ
ムーンライトノベルズに掲載されている「俺の名前を呼んでください」というお話です。(作者:東院さま)
王太子に溺愛される主人公の男の子が健気で可愛すぎるので、絵を描いてしまいました。

最近、なにか夢中になれることが少なかったのですが、この作品は二年前に読んだときと
同じ感動をくれました!
三周くらい読んだのですが、まだまだ読み返したいです。

あと、今週からアニメが始まるのが多いので、最近脱落してばかりだったのですが、
今期はチェックしてみようかなー…と何個か予約しています。
「バチカン奇跡調査官」が面白そう。
「捏造トラップ」の予告もよかったので、期待しています~。

進捗報告。

今、お兄さん×ショタ(小学生)のBL小説を書いています。
お兄さんは社会人なので、めちゃ歳が離れているという設定。
ショタの家庭環境はあまりよくなく、酒乱の義父がいるという…なんだか昭和な設定です。

晴れてショタがお兄さんに告白、お兄さんも好きだと言ってくれた!……というところまで進みましたが、
その後の展開が遅々として進まなくて難航しています。
お兄さんのキャラがいまいちつかみきれていないのかなぁ。

9月18日の「文学フリマ大阪」発刊を目指しております。
表紙は、絵の上手いお友達にお願いしています。表紙を見るのが楽しみです。
去る5月7日、文フリこと文学フリマ東京に初参加してきました。

今回は、前日に関西から車で移動し、途中サービスエリアに併設されている宿に泊まるというコースで行きました。
G.Wの最後のほうなので、道路が渋滞することを覚悟していたのですが、京都あたりで15分の渋滞に巻き込まれただけで、あとはほとんどスイスイ移動出来ました。
トイレ休憩にサービスエリアに立ち寄るのですが、その度に魅力的なご当地の食べ物に引き寄せられ、肉巻きおにぎりや浜松餃子、フローズンなどガンガン買ってしまい反省しております。


さて文フリ当日
東京流通センターに三十分前に着いて、暇だろうなと思いながら会場に向かうと、すでにサークルの待機列が出来上がっていました。みんな早くから来てるんだな-。(そういえば、大阪もサークル入場前に行列が出来ていた)
しばらく会場外で並んだのち、サークル入場時間がきて行列が動きます。私はBL島の真ん中あたりなので、二階に上がり設営をしました。今回、設営の前準備(家で同人誌を実際に並べてみる)をしていなかったのですが、なんとか三月J庭の時の設営画像を見て本を並べ終えました。

設営完了。
…最近思うんだけど、「お品書き」が小さいせいか(A4サイズ)、あまりだれも見ていないような気がして。もうちょっと分かりやすいものにするか、取っ払った方がいいのかなーと思いました。顔が隠れていいんですけどね……。


向かって右隣は壬生キヨムさんで、絵師さんやお友達の書き手さんが売り子をされていました。

開場後、何人かブースに来て下さり、色々話をしました。まゆみ先生(まゆみ亜紀さん)がふらりと来られたので、これ幸いと店番をお願いして、買いたかったところに走りました。ひとり参加でブースを空けられないと思っていたけど、本当に助かりました。
(しかし、その間にお客さんは来なかったらしい)

参加しようと思ったきっかけ
東京文フリでブースに来て下さったかたは、普段から親しくさせて頂いている方が多かったです。
(ぶっちゃけると、顔を知らない方は(名乗らないことから、純粋な買い手だと判断)三人でした。)
私はtwitterの宣伝があまり上手ではなくて、フォロワーさんも少ないのですが、どなたか以前に「文フリは、ふらっと買いに来る人が多いように思う」「見本誌を見て、という人が来た」と書いてあったので、参加しようと思ったのです。

だけど、そのサークルさんとはジャンル違いというこもあり、「ふらっとBLを探しに来る人っているかな……?」 というのが今の率直な感想です。
あと、今回はBL島は22サークルもいましたからね! そりゃ埋もれるわ!
それでも、終わってみると大阪文フリの二倍ほどの頒布数で、東京の皆様は温かい…としみじみしました。
ありがとうございます! 

お隣のキヨムさんのスペースに、「あくだま」絵担当のしじみさんがおられて、描いてもらいたいのに「今回スケッチブックを忘れてきたんです」としょんぼりしていると、スケッチブックを一枚破って下さいました……! しじみさん、ありがとうございます。
その美麗イラストはこちら!(ペペロンチーノ峯田とはまむしを描いてもらいました)



あと、念願のターリー屋さん(インドカレー屋さん)のバターライス唐揚げ弁当を食しました!美味しかった!
さらにイベント後、貝を焼く居酒屋に行きたい!と前々から主張し、鳴原あきらさん、孤伏澤つたゐさん、森瀬ユウさん、オカワダアキナさん(のちほど合流)と新橋で食べてました。
鳴原さんとは、居酒屋まで空いた時間に、駅前の喫茶店で昔流行ったアニメのジャンルや同人誌についてお話したのが印象深いです。(その節はありがとうございました)
居酒屋で大貝?かサザエにお湯をぶっかけられたのですが、ぬるくてヤケドしませんでした。
(だけどびっくりした)
   
 文芸談義や「すさんだ暮らしBL」について話したり、おかさんが夢中になっているコスプレイヤーさんの写真集を拝見したりしました。おしりがすごく綺麗なの!(男性)
東京で初めてイベントのアフターに参加できて、とても楽しかったです。お付き合い下さった皆様、ありがとうございました。

そして、明日になりましたが「関西コミティア50」に参加します。
場所はインテックス大阪2号館。2号館って私今まで使ったことないような気がします。
同人誌のラインナップは「文フリ東京」と同じで、お品書きにはありませんがUSJのレポ漫画も持っていきます。
関西のBL小説好きな方、いらっしゃいませ~。


※今回から、R18の見本誌は全年齢のものと区分して置く場所があるそうです。見本誌コーナーに付箋を貼っておきますので、遠慮なくご覧下さい。あと、チラシや無配本だけ欲しい という方やブースでの立ち読み も歓迎です!

同人誌詳細ページ: http://kiyonya.xii.jp/offline01.html
お久しぶりです、きよにゃです。
もうあさってになりましたが、

5月7日「文学フリマ東京」に出展します。
スペース番号:エ-42
サークル名 :招福来猫(しょうふくらいねこ)

ちなみに、その翌週、関西でも同人誌即売会があります。
5月14日 「関西コミティア」
スペース番号:H-51
サークル名 :招福来猫

各イベントで置いている本のリスト https://www.pixiv.net/series.php?id=792160

新刊があります!
「アラブの富豪とコンビニバイトの俺3」
現在webに掲載している分の後日談です。
あらすじ:
アラビアの生活に慣れた頃、沙紀はホームシックに陥ってしまう。そんなとき、シャフィークの昔の恋人の影がちらつき、沙紀の気持ちは乱れてしまう……。
本編は、後日web掲載予定ですが、同人誌版だけの 書き下ろし があります。
沙紀が媚薬を飲んでしまう話<シャフィーク視点>です。

pixivで本文のお試し読みが出来ます(--link--) ※

文学フリマは、文字中心の同人誌イベントです。今回は、長野まゆみさんも来るらしいです…!
文字メインと言っても縛りはなく、「自分が文学と信じるもの」であればCDや漫画など、なんでもいいそうです。
私は漫画も描いているので、USJのレポート漫画(--link--)を一冊持っていこうと思っています。

webカタログのリンクも貼っておきます。 (--link--)
どんなサークルさんが来ているか、どんな本が売られているかが分かりやすいです。【文フリはカタログ・入場無料です】

当サークルの本は、BL小説(R18)メインです。
サークルの傾向を分布図にしてみたので、参考にしてみてください。
(この分布図兼おしながきは、フライヤーにして当日配布します。夏に出した無配本と合わせて、もらってくださいね。
無配・フライヤーだけのご来店、歓迎です!)

分布図・招福来猫

あと、「ムーンライトノベルズ」で、試験的に「ふたたび出会って好きになる」web掲載しています。
最後までUPしたあと、削除する予定なので、ブクマしている方は早めに読んでやってください。削除しました。ありがとうございました。(5/10)